topics

トピックス

ブログ

クラシカルなスタイルでガッツリ効くのが自慢です

往年のショベル時代のバナナキャリパーを小型化した上で現在の性能とクオリティが与えられた当社の新製品、『ミニバナナ・キャリパー』ですが、この度、お客様の1980年式XLH1000スポーツスターに取り付けさせて頂きました。
その取り付けにあたってはワンオフのキャリパーサポートを製作し、上の写真のような状態になっているのですが、デザインと相まって違和感を覚えない姿に仕上がっているのではないでしょうか?

また効きにしても当社サンダンスが自信を持ってオススメ出来る性能となっており、フロントにダブルで装着された某メーカーのキャリパーより段違いで上。タイトルでは『ガッツリ』と書いていますが、どちらかというと『ググっ』と踏ん張るような効き具合となっており、絶妙なブレーキタッチが実現されています。

ちなみにショベル純正キャリパーといえば『シングル・ピストン片押し』ゆえ、制動力に不安が残るシロモノでしたが、サンダンス『ミニバナナ』キャリパーはデザイン的には2ポットのように見えて、その実、『対向ピストン・4ポット』という現代的な構造。いうまでもなく強力な制動力を発揮します。

ノーマル・ショベルキャリパーとサイズを比較してみると……

またショベル純正キャリパーの通称『バナナキャリパー』に対して『ミニバナナ』と名付けた商品名のとおり、ノーマルと比較するとサイズの違いは一目瞭然。ショベル時代の純正キャリパーといえば、その大きさと重さが原因になり、ガタつきやキャリパーピンの段減りなど多くのトラブルを抱えていましたが、もちろん当社サンダンス製は、さに非ず。過度に華美ではない落ち着いたクラシカルなスタイルの中に、現代的なパフォーマンスを与えるという当社プロダクツに共通するコンセプトで仕上げられています。

基本的にはEVOやTC、ミルウォーキーエイトのノーマルサイズ・ブレーキローターにフィットするサンダンス『ミニ・バナナキャリパー』(税込み103,400円)ですが、現在は様々な年式・車種に対応するキャリパーサポートや新作を鋭意準備中です。詳細に関してはお気軽にお問合せください。

 

ページトップへ