1. HOME
  2. blog 一覧       (営業 鈴木 レポート)
  3. 4速ミッション オーバーホール ②

BLOGblog 一覧       (営業 鈴木 レポート)

4速ミッション オーバーホール ② (2016/09/17)

4速ミッションのキックカバーのシール加工。

 このキックカバーのキックシャフト部も摩耗してガタも出るし、オイル漏れもします。

キックシャフトは新品に入れ替えても、また磨耗してしまいます…

その改善策としてSUNDANCEではキックシャフトは摩耗した部位をハードクロームで肉盛りをして、研磨仕上げします。

そうすることによりキックシャフトはガタもなく、しっくりと滑らかに回るようになるし磨耗しにくくなります!

キックカバーの方は状態にもよりますがブッシュを打ち替えてリーマーを通しキックシャフトとの調整をします。

外側には治具を用いて旋盤でオイルシールを入れられるようにエンドミル加工してオイルシールを入れ込みザグリを形成します。

ザグリ部に特注したオイルシールを圧入し、化学合成グリスを塗布してシャフトを入れ込みます。

これでキックカバー側のオイル漏れの改善が出来ます!