1. HOME
  2. blog 一覧       
  3. ドライブライン
  4. アイアンスポーツスター 適切なチェーンラインを出すためには、、、、、

BLOGドライブライン

アイアンスポーツスター 適切なチェーンラインを出すためには、、、、、 (2015/10/27)

 現行TCから旧車まで、多くの車両が修理やカスタムで持ち込まれる

当社サンダンスですが中には純正の状態で根本的な問題を抱えるモデルがあるのも事実です。

 特に1986年以前のスポーツスター、いわゆる “ アイアンスポーツ ” に関しては

当社サンダンスとしても様々な問題を改善し、ミッションへの “ リークレス ” 加工などを

行ってきましたが現代的なタイヤ幅である130~150サイズのタイヤを装着したアイアンの場合

適切なチェーンラインが出ていない車両を頻繁に見かけます。

 

PA200019

4速スポーツのフロントスプロケット

 

 ← チェーンラインのズレから、削れてしまったスプロケット

 

 

 

 

 

そもそもアイアンスポーツ自体、スプロケットの種類も少ないのですが

たとえばチェーンラインがズレていた場合でも、前側のドライブスプロケットをオフセットさせたり

シム調整でチェーンラインを適切に補正することが出来ないという構造的な問題があります。

何故ならアイアンスポーツのドライブスプロケットはセンター部分がオイルシール構造になっており、

それがシールの受けの内輪となっている為、ズラすことが出来ないのです。

また内側もすべてスプラインになっている為、同じ形状のシムを製作することも現実的ではありません。

それゆえに120程度の幅だった純正タイヤでは適切だったチェーンラインも、先に述べたような現代的な幅のタイヤを装着した場合

正しくチェーンラインを出せないというのが現実です。

 

 

 これまでアイアンスポーツといえば、チェーンラインがズレていれば

後ろのドリブンスプロケットで調整するというのが定石的な手法でしたが、この手法では

太い幅のタイヤを装着する車両だとチェーンラインを内側に正しく是正出来ないという問題が発生します

多くの車両が誤魔化してチェーンラインの帳尻を合わせているというケースがほとんどなのです。

中にはホイール自体を左側に寄せ、センター位置が適切でない車両すらも見かけることもあります。

5速フロントスプロケット + ドリブンスプロケットインナーアダプター

 

←スポーツスター5速用スプロケットに

サンダンス製パーツ(ドリブンスプロケットインナーアダプター)を装着したもの

 

この構造的な問題を解決する為に、今回当社がリリースするのがコチラで紹介する

“ ドリブンスプロケット・インナーアダプター ” であり、ごく簡単に説明すれば

5速スポーツスターのドライブスプロケットをアイアンスポーツで使用可能としたものです。

EVOスポーツスターのドライブスプロケットにウエルドオンする構造を持つこのアダプターによって

アイアンスポーツでもピッタリと適切なチェーンラインが実現出来ます。

また現在では安価な5速スポーツスターのドライブスプロケットを使用することで価格もリーズナブルに抑えることが出来る上

ギアの歯数の選択肢も広がります。

 

 

 たとえばアイアンスポーツで前後タイヤのセンター位置が適切でない車両や正しくチェーンラインが出ていない車両や

現代的な130~150幅のタイヤにチェーンが当たる車両等の問題点を解消するファイン・チューニングパーツの範疇ですが

こうした部分を突き詰めてこそ、はじめてバイクは正しいパフォーマンスを発揮すると我々は考えます。

 チェーンラインが狂っているものが多いアイアンスポーツ、その点に疑問を抱いたからこそ開発に至ったこのプロダクツを是非ともお試しください。