Custom Parts 一覧
  1. HOME
  2. Custom Parts 一覧
  3. Service Work
  4. 【T-SPEC】Valve Section Tune-Up

CUSTOM PARTSService Work

【T-SPEC】Valve Section Tune-Up (2013/09/12)

バルブ周りのチューニング

P24_05

特注シートカッターによる最高峰の作業
特注シートカッターによる『ハイフローバルブシート加工法』は当社独自のもので旧車やハイチューンマシンを無理なくパワーUP する合理的な手法。ヘッドOH 時には是非ご相談を。

 

 

 

 

 

 

 

 

P24_08

シート接面の仕上がりも入念にチェック
仕上がったシート接面は光明丹を塗ったバルブでスタンピングチェックを行います。正確なシートカットによって生まれた極上のエアフローと高い密閉性は当社ならではの技術です。

 

 

 

 

 

 

 

P24_06

旧車チューンに有効なティンステムバルブ
吸排気のバルブ径が同サイズの旧車もインテークをビッグバルブ化した上でステムの細いタイプへ換装。吸気効率の向上に優れた効果を発揮するオススメのチューニングメニューです。

 

 

 

 

 

 

 

P20_ガイドOH

 

スペシャルバルブガイド&ガイドシール
鋳鉄ヘッドには銅コーティング鋳鉄ガイド、アルミヘッドにはベリリウム銅製ガイドを使用し、高密閉性のガイドシールと組み合わせて、OH します。化学合成オイルも使用可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

H-D のエンジンテイストやパワーを大きく左右するシリンダーヘッドの中で、かなり重要なセクションがバルブシートやそのカットの形状。ポート研磨で得られるパワーメリットが約5%程に対してバルブシート部の理想的な形状化では最大12〜15%もパワーUP が見込めるのですが、知識を持たない人がいたずらに施したところで、場合によってはかなりパワーが落ちてしまうのも現実です。
それほどまでにこの箇所は長年の経験と、それに裏付けられた知識とデータ、そしてエンジン内部のパーツながら空気の流れを読むセンスというものが深く関わってくるのですが、当社ではSARDI社製特注シートカッターにて作業。オーダーによって無理なく確実にパワーUP を得られる『ハイフローバルブシート加工法』を施しています。無論、このシートカットはバルブサイズやシリンダーのボア径、エンジン型式、使用目的などで微妙に形状が異なるのですが、一人、一人のユーザー様の用途に応じたサービスを展開するのは云うまでもありません。
またバルブシートにしても通常は顆粒状の金属を固め、陶磁器のように焼いた材質である焼結合金素材のものを使用するのですが、コスト面で余裕のあるユーザー様なら当社オリジナルのベリリウム銅製に交換することがオススメです。耐熱対策として優れた効果を発揮するベリリウム銅製シートならばバルブ傘部の熱がいち早くヘッドに放出され、それによってバルブ自体の熱が下がり、ノッキングなどの異常燃焼に対して高い効果を発揮します。またガイドも当社では同素材のベリリウムカッパー製を推奨するのですが、これも前述のとおりバルブステムの焼き付き防止に繋がる高い放熱性はもとより、最高の強度と耐摩耗性を誇っているゆえ。ストックの鋳鉄製はもちろん他社のリン青銅やブロンズ系とは比較にならない強度を誇るこのガイドと当社が独自に開発したフッ素系ゴムのガイドシールを組み合わせることで、性能に優れた化学合成オイルを使用出来るメリットも存在します。これら組み合わせが当社の推奨するメニューとなっています。
その他、旧車の吸気の効率を高める上で効果的なインテークのビッグバルブ化や細いティンステムバルブへの換装などもオーダー次第で承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。またこちらのサービスに関しても、お客様の車両の年式や、お望みの仕様を当社まで必ずお伝えください。