CUSTOM PARTSExhaust

ラバーマウントXL用 “ ハイパーオレンジⅢ ” 開発中!! (2015/12/25)

1997年に米国デイトナ・インターナショナルスピードウェイにて開催された

BOTT-F2クラスで伝説的なライダー、  ジェイ・スプリングスティーン が駆り、

クラス優勝を飾った当社のストリート・レーサー “ ゴールデンボールズ ” 。

そのマシンに装着されていたことで知られるスポーツスター用マフラー

“ハイパーオレンジ ” ですが、現在

2004年以降のラバーマウントモデルを開発中です。

ちなみに過去のソリッドマウント・スポーツスター用ハイパーオレンジといえば、

その実績からもお分かりのとおり、サーキット走行やスポーツ走行を想定した

レーシングパーツとして開発するに至ったゆえ、デザイン的に

バンク角を稼ぐ為の形状と、サイレンサー部分を跳ね上げたフォルムにしていたのですが

今回は何せラバーマウント・スポーツスター用。

多くのユーザーの皆様のライディングスタイルはもとより、

ベースモデルが持つ素性からもストリートマシンとして

使用されるのがほとんどではないでしょうか。

そこで今回のハイパーオレンジはサーキット走行時のような極端な

バンク角をかせぐ必要性がないと判断し、排気効率の最も高い

“ ローライダーヘッダース ” のエキパイ集合部のデザインを踏襲。

ソリッドマウント用より太く、マッチョなフォルムを与えて完成形となる予定です

また裏話的なコトを言えば、このラバーマウントスポーツスター用

ハイパーオレンジでは当社のスタッフが初めて開発を担当。

代表のZAK柴崎から 「レーサーのようなバンク角が必要ないのなら

排気効率からもローライダーヘッダースの集合部の形状がベスト」

という助言を受け、開発に勤しんでいます。

これからの業界の未来を考えれば人材の育成も急務であると考えるのも

ZAK柴崎の基本方針となっています。

こうした “ もの創り ” の姿勢を伝えること、技術の伝承もこの先

サンダンスの責務になるのではないかとも考えます。

ラバーマウント・スポーツスターのオーナーの皆様には

大変、お待たせしておりますが、クルージング時により強いトルクとパワーを感じることが確実の

“ Newハイパーオレンジ ” の登場に期待して下さい。現在、鋭意開発中です!

 

 

 

画像のハイパーオレンジⅢは、試作品になります


‘LowRider Headers’ 2-into-1 Exhaust (2013/09/11)

ローライダーヘッダース・エグゾーストシステム

P26_01

1977 年に登場し、絶大な人気を誇ったFXS ローライダー。その特徴の一つである2in1 のエキゾーストシステムを再現したこの製品は、サンダンスの大ヒットアイテム。ステンレス素材の2 インチ・エキゾーストパイプと4 インチ・サイレンサーを使用することで、心地よい重低音と高い排気効率を実現しています。また、排気量をアップさせたエンジンとの相性も良く、低回転から高回転まで安定したパフォーマンスを発揮します。

 

 

 

(さらに…)


‘ Bomber’ Dual Exhaust for Big Twin & Sportster (2013/09/11)

ボマー・エグゾーストシステム

P26_07

大型プロペラ爆撃機『ボマー』を彷彿させる独特の排気音が多くのユーザーから支持を集めるこの製品は、ローライダーヘッダース同様、サンダンスの中でも特に人気の高いパーツです。社外マフラーの中でも高い性能を持つ製品として認識されています。

 

 

 

 

(さらに…)


‘Hyper Orange’ 2-into-1 Sportster Exhaust (2013/09/11)

ハイパーオレンジ(~’03XLモデル専用)

P27_12

 

サイレンサーがアップしたレーシーなルックスを持つこのハイパーオレンジⅡは、その見た目に恥じぬ高いパフォーマンスを持つ製品です。これはデイトナを制覇したサンダンスのレーサー『ゴールデンボールズ』に装着されていたことからもお分かり頂けるでしょうが、数あるXL 系マフラーの中でも最高峰に位置するといっても過言ではないでしょう。また、徹底してハイパフォーマンスを狙った出力特性ゆえ、レーシング用のピーキーなカムとの相性はバツグンです。アルミ製サイレンサーを採用したルックスもスタイリッシュなカスタムに最適です。

 

 

(さらに…)


‘FT-Pro’ Dual Hi-Mount Sportster Exhaust (2013/09/11)

FTプロ・エグゾーストシステム(~’03XLモデル専用)

P23_FTプロ差し替え

AMA ダートトラックレースで’99、’00 年にワールドチャンピオンに輝いたウィリー・マッコイ選手が使用していたサンダンス製チタンマフラー。その廉価版の、この製品はエキパイにステンレス、サイレンサーにアルミを使用。オールマイティーな性格も特徴です。

 

 

 

 

 

(さらに…)


XEX Pipe Crossover Hot Rod Touring Exhaust (2013/09/11)

ゼクスパイプ・ホットロッドツーリング

P27_20_2

純正のサイレンサーを活かすことで、近年の騒音規制や排ガス問題をクリアしつつも、その限られた範囲内で最大限の性能を発揮するべく製作されたエグゾーストパイプ。排気量を拡大したマシンには必要不可欠といえるパーツとなっています。

 

 

 

 

 

(さらに…)


XEX Pipe 70’s Sportster Dual Exhaust (2013/09/11)

ゼックスパイプ・ヴィンテージスポーツ

2301

上記のEXE パイプ同様、純正サイレンサーの装着を可能としたこのパーツは、70 年代のXL 系のエキゾーストパイプのデザインを現行のXL 系モデルに合わせて再現したものです。’03 までと’04 以降のXL 系2 種類をご用意いたしました。

 

 

 

 

 

(さらに…)


‘The BOSS’ XEX Pipe Dual Dragster Exhaust (2013/09/10)

ザ・ボスエグゾーストシステム

p26_10

カンV8 モンスターエンジンに敬意を表し”The BOSS” と命名されたこの製品ですが、このパーツも上段2 つのアイテム同様、公道での走行を可能にする純正サイレンサーの装着が可能となっています。また、フルエキゾーストでの、その特性は加速に重点をおいて製作されており、コンピューターのシュミレーションでは社外品の中でも最高峰の数値を叩き出します。ニュータイプでは前後のエキパイが接合された2-1-2 になる、以前より音量を抑えつつ排気効率がアップしています。

 

 

 

 

(さらに…)


【VinTek】50’s Retro-Look ‘Nostalgia’ 2-into-1 Exhaust (2013/09/10)

ノスタルジア・エグゾーストシステム

P26_04

 

ナックル、パン、アーリーショベル時代の2in1 蛇腹エギゾーストパイプマフラーをEVO 用にアレンジしたこちらは、当時のクラシカルなルックスとサウンドを再現したサンダンスオリジナルのアイテムです。対応はソフテイルフレームのEVO のみで、装着にはフレームのステー部の小加工が必要となります。

*ジャバラは付属になりません (さらに…)


XR1000 Lightweight Aluminum Silencers (2013/09/10)

XR1000用アルミサイレンサー

P27_21

 

左サイド2 本出しという特徴的なエギゾースト・レイアウトを持つXR1000。しかし、純正ではその素材にスチールが用いられ、その重さも約5kg 以上という非常にヘビーなものです。そこでサンダンスではその素材をアルミに変更し、純正の半分以下の約2.5kg まで減量。装着すれば軽量化に伴うハンドリングの向上も得ることが出来ます。

  (さらに…)